萩尾 望都   (1949-)

萩尾 望都(はぎお もと、本名同じ、女性、1949年5月12日 - )は、日本の漫画家。 女子美術大学客員教授。 [人物] 福岡県大牟田市生まれ。 埼玉県在住。 血液型はO型。 代表作は『ポーの一族』、『トーマの心臓』、『11人いる!』、『残酷な神が支配する』、『バルバラ異界』など。 作品のジャンルはSF・ファンタジー・ミステリー・ラブコメディー・バレエもの・心理サスペンスものなど幅広い分野にわたり、竹宮惠子・大島弓子らとともに「花の24年組」と呼ばれ、中でもその代表格、さらには「少女漫画の神様」とも評せられている。 その作品は文学的あるいは文学を超えているとも言われ、文化人たちが多く批評の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハギオ モト
人物別名 萩尾望都
生年 1949年
没年 -
職業・経歴等 漫画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ショートショートドロップス 新井素子編 キノブックス
2019.1
王妃マルゴ 萩尾望都 著 集英社
2018.2
私の少女マンガ講義 萩尾望都著 新潮社
2018.3
王妃マルゴ 萩尾望都 著 集英社
2017.1
ピアリス 萩尾望都 著 河出書房新社
2017.7
ポーの一族春の夢 萩尾望都 著 小学館
2017.7
美しの神の伝え 萩尾望都 著 河出書房新社
2017.8
涙の招待席 井上雅彦 編 光文社
2017.10
王妃マルゴ 萩尾望都 著 集英社
2016.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想