乙竹 岩造   (1875-1953)

乙竹 岩造(おとたけ いわぞう、1875年(明治8年)9月29日 - 1953年6月17日)は、日本の教育学者。 三重県出身。 東京高等師範学校卒。 妻は御木本幸吉の四女・アイ。 1904年から1907年までドイツ、フランス、英国、米国に留学。 帰国後東京高師教授、1929年東京文理科大学教授。 1932年「日本庶民教育史」で東京文理科大文学博士。 欧米の教育学、日本教育史を研究し、寺子屋体験者を調査。 子はミキモト勤務、のち相談役の乙竹宏(1920-1993年12月15日)。 [著書] 『新倫理学大意』同文館 1899 『小学校教授訓練提要』東洋社 1902-1903 『小学校各教科教授法...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オトタケ イワゾウ
人物別名 乙竹岩造

梅渓
生年 1875年
没年 1953年
職業・経歴等 教育学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
乙竹岩造著作集 乙竹岩造 著 学術出版会
日本図書センター
2010.3
乙竹岩造著作集 乙竹岩造 著 学術出版会
日本図書センター
2010.3
乙竹岩造著作集 乙竹岩造 著 学術出版会
日本図書センター
2010.3
乙竹岩造著作集 乙竹岩造 著 学術出版会
日本図書センター
2010.3
乙竹岩造著作集 乙竹岩造 著 学術出版会
日本図書センター
2010.3
乙竹岩造著作集 乙竹岩造 著 学術出版会
日本図書センター
2010.3
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2005.2
明治後期産業発達史資料 - 竜渓書舎
2005.2
不良兒教育法 乙竹岩造著 竜渓書舎
2005.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想