大谷 愛人   (1924-)

大谷 愛人(おおたに ひでひと、1924年 - )は、日本の宗教哲学者、慶應義塾大学名誉教授。 [来歴] 東京生まれ。 1958‐60年、デンマーク文部省交換留学生としてコペンハーゲン大学に留学。 1962年、慶大大学院博士課程単位取得退学。 1969年、「キルケゴール青年時代の研究」で文学博士。 慶大助教授、教授。 1990年、定年退任、名誉教授。 [著書] キルケゴール青年時代の研究 勁草書房 1966 キルケゴール青年時代の研究 続 勁草書房 1968 キルケゴール著作活動の研究 前後篇 勁草書房 1989-91 倫理学講義 勁草書房 1994.3 キルケゴール教会...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオタニ ヒデヒト
人物別名 大谷愛人
生年 1924年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
キルケゴール著作活動の研究 大谷愛人 著 勁草書房
2007.4
キルケゴール著作活動の研究 大谷愛人 著 勁草書房
2007.4
キルケゴール青年時代の研究 大谷愛人 著 勁草書房
2007.9
キルケゴール青年時代の研究 大谷愛人 著 勁草書房
2007.9
キルケゴール教会闘争の研究 大谷愛人 著 勁草書房
2007.3
哲学的断片 ; 危機および一女優の生涯における一つの危機 キルケゴール [著] ; 大谷愛人訳 EBSCO
[20--]
キルケゴールの言葉 キルケゴール [著] ; 大谷愛人 訳編 弥生書房
1997.10
キルケゴール著作集 キルケゴール [著] ; 大谷愛人訳 白水社
1995.10
倫理学講義 大谷愛人 著 勁草書房
1994.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想