太田 典礼   (1900-1985)

太田 典礼(おおた てんれい(旧名:武夫)、1900年10月7日 - 1985年12月5日)は、京都府出身の産婦人科医。 元衆議院議員(当選1回)。 九州帝国大学医学部卒業。 産児制限と安楽死を説き、子宮内避妊具である「太田リング」を考案した。 [略歴] 学生時代に、産児制限の推進者であるマーガレット・サンガーの思想を知り、以後避妊や人工妊娠中絶の運動を行ってゆく。 1946年、第22回衆議院議員総選挙に日本共産党公認で京都全府区から立候補するが、落選。 その後日本社会党に移籍し、1947年、第23回衆議院議員総選挙で京都2区から社会党公認で立候補し、当選。 その後、加藤シヅエらとともに「優...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオタ テンレイ
人物別名 太田典礼
生年 1900年
没年 1985年
職業・経歴等 医学者
をも見よ 太田, 武夫(1900-1985)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近代日本のセクシュアリティ 斎藤光 編 ゆまに書房
2006.7
唯物論全書 : Ⅲ芸術・生活・運動 芝田進午 ほか編 久山社
1991.5
第3の性 : 性は崩壊するのか 太田典礼 編著 人間の科学社
1987.7
王様のねむり : 大人のメルヘン 太田てんれい 著 太田
1984.4
老人島 : 短篇集 太田てんれい 著 太田
1984.4
ガンと安楽死 : 共存・安楽生の時代を迎えて 太田典礼, 田村豊幸 編 人間の科学社
1984.9
中絶は殺人でない 太田典礼 編 京都産婦人科医会
1983.5
樺太と日本の悪縁 太田典礼 著 人間の科学社
1983.6
安楽死 太田典礼 著 三一書房
1982.1
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想