芳賀 登   (1926-2012)

芳賀 登(はが のぼる、1926年7月30日 - 2012年2月26日)は、日本史学者。 筑波大学名誉教授。 愛知県豊橋市生まれ。 幕末の国学を専門とするが、著作の分野は多岐にわたる。 1951年東京文理科大学史学科卒業後、高校教師を経て、大阪教育大学に赴任。 東京教育大学が廃止され、筑波大学が設立されるにあたって同大教授に就任。 大江志乃夫ら東京教育大学日本史教室の教員は、東京教育大学の廃止に反対して全員が筑波大学に横滑りしなかったため、井上辰男・田沼睦・岩崎宏之・大濱徹也らは芳賀の招請によって筑波大学に赴任した。 副学長を務め、1990年に定年を2年前に退官、東京家政学院大学教授、理事長を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハガ ノボル
人物別名 芳賀登
生年 1926年
没年 2012年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
本居宣長 芳賀登 著 吉川弘文館
2017.3
鼎談民衆史の発掘 色川大吉, 芳賀登, 齋藤博, 松尾章一 著 つくばね舎
地歴社
2006.11
江戸の助け合い 芳賀登, 光田憲雄, 谷田部隆博 著 つくばね舎
地歴社
2004.1
士魂の人渡辺崋山探訪 芳賀登 著 つくばね舎
2004.4
わが学問の原点と現状 芳賀登 著 雄山閣
2004.7
幕末国学の運動と草莽 芳賀登 著 雄山閣
2003.8
幕末志士の世界 芳賀登 著 雄山閣
2003.12
日本人物情報大系 芳賀登 [ほか]編 皓星社
2002.1
日本人物情報大系 芳賀登 [ほか]編 皓星社
2002.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想