太田 博太郎   (1912-2007)

太田 博太郎(おおた ひろたろう、1912年11月5日 - 2007年1月19日)は日本の建築史家。 第二次世界大戦後に中世の寺院建築や民家の研究をリードした。 [経歴] 東京生まれ。 武蔵高校の頃から建築史に関心を深め、奈良・京都の古建築に親しんだ。 東京帝国大学工学部建築学科で建築史を専攻し、1943年、東大助教授に就任。 1960年教授。 1973年退官後、九州芸術工科大学学長。 武蔵学園長、文化財建造物保存技術協会理事長などを歴任。 1997年日本学士院会員。 死後、従六位から正四位に昇叙された。 1957年 東京大学 工学博士 論文の題は「中世建築の基礎的研究」。 日本建築史の研究...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオタ ヒロタロウ
人物別名 太田博太郎

Ota, Hirotaro

Hirotaro Ota
生年 1912年
没年 2007年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
奈良の寺々 : 古建築の見かた 太田博太郎著 吉川弘文館
2019.10
奈良の寺々 : 古建築の見かた 太田博太郎著 吉川弘文館
2019.10
日本の建築 : 歴史と伝統 太田博太郎 著 筑摩書房
2013.4
日本建築辞彙 中村達太郎 著 ; 太田博太郎, 稲垣栄三 編 中央公論美術
2011.10
日本建築様式史 : カラー版 太田博太郎, 藤井恵介 監修 美術出版社
2010.4
日本建築史序説 太田博太郎 著 彰国社
2009.3
本瓦葺の技術 井上新太郎 著 ; 太田博太郎 監修 彰国社
2009.11
日本の町並み調査報告書集成 苅谷勇雅, 林良彦, 下間久美子, 西山和宏 編 海路書院
2007.10
日本の町並み調査報告書集成 苅谷勇雅, 林良彦, 下間久美子, 西山和宏 編 海路書院
2007.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想