田村 藍水   (1718-1776)

田村 藍水(たむら らんすい、享保3年(1718年)-安永5年3月23日(1776年5月10日))は、江戸時代中期の医師・本草学者。 本姓は坂上、名は登、字は元台、通称は元雄、号は藍水。 子に田村西湖・栗本丹洲がいる。 [経歴] 江戸・神田の出身。 15歳の時に医師である父親について医学を学び始め、後に阿部将翁から本草学を学んだ。 早くから朝鮮人参に関心をもっており、元文2年(1737年)の江戸幕府から朝鮮人参の種20粒を下付されて、人参国産化の研究を命じられる。 朝鮮人参の栽培の研究と合わせて諸国を巡って産物について調査を行い、宝暦7年(1757年)に弟子の平賀源内らとともに湯島で薬品会を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タムラ ランスイ
人物別名 田村藍水

坂上, 登

田村, 登

坂上


元台

元雄

藍水
生年 1718年
没年 1776年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
田村藍水・西湖公用日記 田村藍水, [田村西湖] [著] ; 草野冴子, 藤田覚 校訂 八木書店
八木書店古書出版部
2014.1
日本農書全集 野口 一雄;宇山 孝人;佐藤 常雄;中村 克哉;北村 敏;湯浅 淑子;斎藤 洋一【校注・執筆】 農山漁村文化協会
1993.10
田村藍水・西湖公用日記 草野 冴子;藤田 覚【校訂】 続群書類従完成会
1986.11.10
物類品騭 平賀源内 著 八坂書房
1972
琉球産物志 坂上登著輯 ; 坂上善之撰次 ; 林懋校正 小和田勲石
昭和10 [1935]
物類品騭 6卷 平賀國倫編輯 ; 田村善之, 中川鱗, 青山茂恂同挍 今津屋辰三郎
河内屋儀助
文化3 [1806]
物類品隲 6巻 平賀國倫編輯 ; 田村善之, 中川鱗, 青山茂恂同校 今津屋辰三郎
河内屋儀助
文化3 [1806]
物類品隲 6巻 平賀國倫編輯 ; 田村善之, 中川鱗, 青山茂恂同校 今津屋辰三郎
河内屋儀助
文化3 [1806]
種人参養法并甘蔗養并製法 - 松井氏
天明7 [1787]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想