大島 康正   (1917-1989)

大島 康正(おおしま やすまさ、1917年3月2日 - 1989年12月20日)は、日本の倫理学者・評論家、筑波大学名誉教授。 1940年京都帝国大学哲学科卒、助手となり京都学派の一員となる。 戦後東京教育大学助教授、教授を経て筑波大学名誉教授、京都産業大学世界問題研究所長を務めた。 日本ユネスコ国内委員会調査委員や中央教育審議会委員などを歴任。 日本倫理学会常任評議員。 [著書] 新しき人間像 秋田屋 1948 時代区分の成立根拠 筑摩書房 1949 これからの倫理 至文堂 1953 (学生教養新書) 実存倫理の歴史的境位 神人と人神 創文社 1956 新しい倫理のために 創文社 195...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオシマ ヤスマサ
人物別名 大島康正
生年 1917年
没年 1989年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
京都哲学撰書 上田閑照 監修 ; 大峯顯, 長谷正當, 大橋良介 編 燈影舎
2001.4
現代社会辞典 大島清, 大島康正 編著 数研
1994.4
政経倫理辞典 大島清 , 大島康正編著 数研
1986.2
倫理学の歩み 大島康正 編 有信堂高文社
1982.4
世界の歴史 筑摩書房編集部 編 筑摩書房
1980.1
高等学校倫理・社会 大島康正, 渡部正一, 辻村明著 学校図書
[1979]
倫理学の展開 大島康正 編著 北樹
1978.4
宗教と倫理 田中美知太郎 編 人文書院
1977.4
高等学校倫理・社会 大島康正著 学習研究社
[1977]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想