大沢 省三   (1928-)

大澤 省三(おおさわ しょうぞう、1928年10月2日 - )は、日本の生物学者。 専門は、分子遺伝学。 理学博士(名古屋大学)。 名古屋大学及び広島大学名誉教授。 1984年、バクテリアの1種のマイコプラズマが、変則的な遺伝暗号を使っていることを発見。 この現象を説明する学説としてコドン捕獲説を提唱したことで知られる。 [経歴] 1951年 名古屋大学理学部生物学科卒業 1953年 名古屋大学理学部生物学科助手 1954年 -1955年 Research Fellow and Assistant at Rockefeer Institute for Medical Research, Ne...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオサワ ショウゾウ
人物別名 大沢省三

大澤, 省三

Osawa, Syozo

Syozo Osawa

S. Osawa
生年 1928年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
遺伝子から解き明かす昆虫の不思議な世界 大場裕一, 大澤省三, 昆虫DNA研究会 編 悠書館
2015.12
虫から始まり虫で終わる : ある分子生物学・分子進化学者の辿った道のり 大澤省三 著 クバプロ
2012.8
DNAでたどるオサムシの系統と進化 大澤省三, 蘇智慧, 井村有希 著 哲学書房
2002.3
DNAでたどるオサムシの進化 [大澤省三述] ; 放送大学学園メディア教育開発センター制作 放送大学教育振興会
1999
遺伝暗号の起源と進化 大澤省三 著 ; 渡辺公綱, 上田卓也, 大濱武 訳 共立
1997.7
細胞生物学実験法 大沢省三, 堀田康雄 編 広川書店
1990.2
RNAの世界 大沢省三, 志村令郎 編 講談社
1990.10
DNAの構造と動態 大沢省三 ほか編 丸善
1989.5
岩波講座分子生物科学 岡田節人 ほか編 岩波書店
1989.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
生物の歴史 大沢 省三, 木村 資生
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想