松木 武彦   (1961-)

松木 武彦(まつぎ たけひこ、1961年10月- )は、日本の歴史学者、考古学者。 国立歴史民俗博物館教授。 [概略] 愛媛県生まれ。 1984年、大阪大学文学部国史学科を卒業。 1986年、同大学院文学研究科修士課程修了。 1990年、同大学院文学研究科博士課程を中退し、岡山大学埋蔵文化財調査研究センター助手に就任。 1995年より岡山大学文学部助教授、2007年同社会文化科学研究科准教授、2010年教授。 2014年より国立歴史民俗博物館考古研究系教授。 専攻は考古学。 最近の研究テーマは、弥生時代~古墳時代の日本列島史と吉備地域史の考古学的調査研究、戦争と平和の考古学的研究、進化・認知...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツギ タケヒコ
人物別名 松木武彦
生年 1961年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の古墳はなぜ巨大なのか : 古代モニュメントの比較考古学 国立歴史民俗博物館 [ほか] 編 吉川弘文館
2020.3
考古学から学ぶ古墳入門 松木武彦編著 講談社
2019.6
縄文とケルト : 辺境の比較考古学 松木 武彦【著】 筑摩書房
2017.5.10
文化進化の考古学 中尾央, 松木武彦, 三中信宏 編著 勁草書房
2017.8
人はなぜ戦うのか 松木武彦 著 中央公論新社
2017.9
美の考古学 松木武彦 著 新潮社
2016.1
大集結邪馬台国時代のクニグニ 香芝市二上山博物館友の会ふたかみ史遊会 編 星雲社
青垣
2015.4
楽しい古墳案内 松木武彦 監修 平凡社
2014.1
小造山古墳・小𡉕古墳測量調査報告書 澤田秀美, 松木武彦, 仲田周平編集 小造山古墳・小𡉕古墳測量調査団
2014.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想