大村 晴雄   (1910-)

大村 晴雄(おおむら はるお、1910年5月2日 - )は、日本の哲学研究者、東京都立大学名誉教授。 専門は西洋中世哲学、ドイツ哲学、キリスト教神学。 [来歴] 北海道札幌市生まれ、神奈川県出身。 山形高等学校(旧制)卒、1935年東京帝国大学文学部哲学科卒。 39年文部省教学局嘱託。 41年東京府立高等学校教授、召集令状がきて、中国北部に送られたが、語学の才があり、暗号解読とか情報の仕事を行った。 1946年復員。 49年東京都立大学助教授、68年教授、73年定年退官、名誉教授、東洋大学教授、1981年退職。 国語教育研究家 大村はまは実姉。 [著書] 『近世哲学』小峰書店 1954 『...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオムラ ハルオ
人物別名 大村晴雄
生年 1910年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本プロテスタント小史 大村晴雄 著 いのちのことば社
1993.10
近世転換期の思想 大村晴雄 著 公論社
1988.2
ベーメとヘーゲル 大村晴雄 著 高文堂出版社
1987.1
ヘルダーとカント 大村晴雄 著 高文堂出版社
1986.2
思索の歴史 大村晴雄 ほか著 公論社
1979.4
近代思想論 大村晴雄 編著 ; 児島洋 等著 福村
1976
ヘーゲルの本質論理 大村晴雄 著 以文社
1976
近世哲学 大村晴雄 著 以文社
1974
ヘーゲルの判断論 大村晴雄 著 小峰書店
1961
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想