後藤 新平   (1857-1929)

岩手生まれ。内務官僚、政治家。父は水沢藩士。須賀川医学校卒。明治14年(1881)愛知県病院長兼愛知医学校長となる。16年(1883)内務省衛生局に入る。ドイツ留学をへて25年(1892)衛生局長に昇進。31年(1898)児玉源太郎台湾総督により民政局長に抜擢、のち民政長官。36年(1903)貴族院議員に勅選。第2次、第3次桂内閣で逓相、鉄道院総裁、寺内内閣では内相、外相等を歴任し、シベリア出兵を推進。大正9年(1920)東京市長となる。第2次山本内閣内相兼帝都復興院総裁として、大震災後の東京復興計画を立案。ソ連との国交樹立にも関与した。

「近代日本人の肖像」より

後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) - 昭和4年(1929年)4月13日)は日本の医師・官僚・政治家。 位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。 台湾総督府民政長官。 満鉄初代総裁。 逓信大臣、内務大臣、外務大臣。 東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。 東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。 拓殖大学第3代学長を歴任した。 計画の規模の大きさから「大風呂敷」とあだ名された、日本の植民地経営者であり、都市計画家である。 台湾総督府民政長官、満鉄総裁を歴任し、日本の大陸進出を支え、鉄道院総裁として国内の鉄道を整備した。 関東大震災後に内務大臣兼帝都復興...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ゴトウ シンペイ
人物別名 後藤新平
生年 1857年
没年 1929年
職業・経歴等 官僚

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
後藤新平の『劇曲平和』 後藤新平案 ; 平木白星稿 ; 後藤新平研究会編 藤原書店
2020.9
国難来 後藤新平著 ; 鈴木一策編・解説 藤原書店
2019.9
日本立法資料全集 八田五三編纂 信山社
2013.5
世紀の復興計画 : 後藤新平かく語りき 後藤新平 著 毎日ワンズ
2011.6
都市デザイン 後藤新平 著 ; 後藤新平歿八十周年記念事業実行委員会 編 藤原書店
2010.5
江戸の自治制 : 現代語訳/復刻版 後藤新平, 塚越停春 著 ; 久保大 訳・注 公人社
2010.5
世界認識 後藤新平 著 ; 後藤新平歿八十周年記念事業実行委員会 編 藤原書店
2010.11
自治 後藤新平 著 藤原書店
2009.4
官僚政治 後藤新平 著 ; 後藤新平歿八十周年記念事業実行委員会 編 藤原書店
2009.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想