大森 義太郎   (1898-1940)

大森 義太郎(おおもり よしたろう、明治31年(1898年)9月26日 - 昭和15年(1940年)7月28日)は日本のマルクス経済学者。 大正11年(1922年)東京府立四中から一高を経て、東京帝国大学経済学部卒。 卒業と同時に同学部助手。 大正13年(1924年)東京帝国大学助教授。 1928年4月に東大を辞職し、以後は講壇ジャーナリストとして生活することになる。 1933年に『唯物弁証法読本』を出版。 1938年の人民戦線事件で検挙。 失意のうちに生涯を閉じた。 [著書] 唯物史観 経済学全集 第48巻 改造社 1932 史的唯物論 現代史学大系 第3巻 共立社 1932 『唯...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオモリ ヨシタロウ
人物別名 大森義太郎
生年 1898年
没年 1940年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
唯物弁証法読本 大森義太郎 著 社会主義協会出版局
1976
唯物弁証法読本 大森義太郎 著 黄土社書店
1953
剰余価値学説史 : ディヴィド・リカード カール・マルクス 著 ; 大森義太郎 訳 黄土社
1949
ディヴィッド・リカード カール・マルクス [著] ; 大森義太郎譯 黄土社
1949.4
唯物弁証法読本 大森義太郎 著 黄土社
1948
まてりありすむすみりたんす 大森義太郎 著 黄土社
1948
まてりありすむすみりたんす 大森義太郎 著 黄土社
1948
まてりありすむすみりたんす 大森義太郎 著 黄土社
1948
唯物弁証法読本 大森義太郎 著 黄土社
昭和22 再版
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想