五島 清太郎   (1867-1935)

五島 清太郎(ごとう せいたろう、1867年8月18日 - 1935年7月20日)は日本の動物学者。 東京帝国大学教授。 寄生虫関連の研究で知られる。 歌人 五島美代子の父。 [経歴] 1867年 長門国阿武郡川島村(いまの山口県萩市)に長州藩藩士五島守篤の次男として出生。 1882年 16歳で京都同志社英学校に入り新島襄の薫陶を受けた。 1884年 9月東京大学予備門(第一高等中学校の前進)に入り、生物学専攻を志す。 1887年 帝国大学理科大学動物学科に入学。 箕作佳吉、飯島魁の教えを受ける。 1890年 フタゴムシに関す卒業論文により帝国大学を卒業する。 1893年 千住千代槌(のちに...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ゴトウ セイタロウ
人物別名 五島清太郎
生年 1867年
没年 1935年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
実験動物学 五島清太郎 著 ; 合田得輔 校訂 中山書店
1949
動物学講義 五島清太郎 著 修学堂
大正4
動物學講義 五島清太郎講述 修学堂書店
1915.8
昆蟲學 : 特に生態學上並に應用上の見地より論ず : 全 ふぉるそむ著 ; 五島清太郎校閲 ; 三宅恒方, 内田清之助共譯 警醒社
1911.7
昆蟲學 : 特に生態學上並に應用上の見地より論ず : 全 ふぉるそむ著 ; 五島清太郎校閲 ; 三宅恒方, 内田清之助共譯 警醒社
1910.8
實驗動物學 五島清太郎著 金港堂書籍
1908.10-1912.9
實驗動物學 五島清太郎著 金港堂書籍
1905
中學動物教科書 五島清太郎著 金港堂書籍
1904.2
実験動物学 五島清太郎 著 金港堂
明33,36
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想