大町 文衛   (1898-1973)

大町 文衛(おおまち ふみえ、1898年(明治31)年1月25日 - 1973年(昭和48)年1月10日)は、昆虫学者、随筆家、三重大学名誉教授。 大町桂月の次男。 [経歴] 東京府生まれ。 兄は化学者の大町芳文(1895年-1961年)。 東京帝国大学農学部卒業。 徳川生物研究所研究員(後の徳川林政史研究所)となる。 1933年(昭和8年)東大農学博士、三重高等農林学校教授。 動物学・昆虫学・実験遺伝学を講義。 1936年(昭和11年)農林博物館が設立され 初代館長(-1946年)となる。 戦後は改組により三重大学農学部教授。 1961年(昭和36年)定年退官、名誉教授、津市立三重短期大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオマチ フミエ
人物別名 大町文衛
生年 1898年
没年 1973年
職業・経歴等 随筆家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本昆虫記 大町文衛[著] Kadokawa
2019.4
大町博士書簡集 大町文衛 著 ; 小川正彦 編 小川正彦
1989.7
全集日本動物誌 中西悟堂著 ; 大町文衛著 ; 石井悌著 講談社
1983.2
日本昆虫記 大町文衛 著 講談社
1982.6
生物学往来 大町文衛 [ほか]著 学生社
1978.10
生物学往来 大町文衞 [ほか] 著 学生社
1966.11
よしきりものがたり 大町文衛 著 ; 斎藤謙綱 絵 筑摩書房
昭和38
科学随筆全集 吉田洋一, 中谷宇吉郎, 緒方富雄 編 学生社
1963
日本の野生動物 岡田弥一郎 [他 ]著 河出書房新社
1963.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
近代自然科学講話 大町 文衛
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想