奥野 健男   (1926-1997)

奥野 健男(おくの たけお、1926年〈大正15年〉7月25日-1997年〈平成9年〉11月26日)は、文芸評論家・化学技術者。 多摩美術大学名誉教授。 父は最高裁判事の奥野健一。 [経歴] 東京に生まれる。 東京府青山師範附属小学校を経て、麻布中学校に在学中、小山誠太郎に感化され自然科学、就く天文学、有機化学に興味を抱く。 同時期、吉行淳之介や北杜夫を知る。 1947年(昭和22年)東京工業大学附属工業専門部化学工業科卒、1953年(昭和28年)東工大化学専攻(旧制)卒。 遠山啓に科学全般を、岩倉義男に高分子化学を学ぶ。 在学中の1952年(昭和27年)に『大岡山文学』に『太宰治論』を発表...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オクノ タケオ
人物別名 奥野健男
生年 1926年
没年 1997年
職業・経歴等 工学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
石上玄一郎作品集 石上玄一郎 著 日本図書センター
2004.2
石上玄一郎作品集 石上玄一郎 著 日本図書センター
2004.2
石上玄一郎作品集 石上玄一郎 著 日本図書センター
2004.2
現代日本文学アルバム 足立巻一[ほか]編 学習研究社
2004.3
三島由紀夫伝説 奥野健男 著 新潮社
2000.11
文学のトポロジー 奥野健男 著 河出書房新社
1999.1
太宰治 奥野健男 著 文芸春秋
1998.2
この一冊で日本の作家がわかる! 奥野健男 監修 三笠書房
1997.9
坂口安吾 奥野健男 著 文芸春秋
1996.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想