奥野 健一   (1898-1984)

奥野 健一(おくの けんいち、1898年11月18日 - 1984年5月6日)は最高裁判所判事。 和歌山県出身。 文芸評論家奥野健男の父。 [経歴] 1923年に東京帝国大学法学部法律学科卒業。 戦前は仙台地方裁判所長、大審院判事などをつとめる。 終戦時は司法省民事局長として新憲法制度に基づく、裁判所法制度や民法改正に取り組む。 その後、参議院法制局長を経て、1956年11月に最高裁判事となる。 1968年11月に定年退官。 [参考書籍] 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社) 日本の最高裁判所裁判官 日本の国会職員 東京大学出身の人物 和歌山県出身の人物 1898年生 1984...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オクノ ケンイチ
人物別名 奥野健一
生年 1898年
没年 1984年
職業・経歴等 最高裁判所裁判官

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本立法資料全集 奥野 健一;三宅 正雄【著】 信山社
2000.5
裁判と立法 奥野健一 著 第一法規
1986.3
改正民法の解説 奥野健一 著 三省堂
1948
改正民事訴訟法の解説 奥野健一, 三宅正雄 共著 海口書店
1948
改正民法の解説 奥野健一 著 三省堂
1948
民事訴訟法の解説 奥野健一, 三宅正雄 共著 海口書店
昭和23
罹災都市借地借家臨時処理法の解説 奥野健一 著 海口書店
1948
民法の解説 奥野健一 著 三省堂
昭和23
民事裁判の再検討 奥野健一 著 巌松堂書店
昭15
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想