大久保 利謙   (1900-1995)

大久保 利謙(おおくぼ としあき、1900年(明治33年)1月25日 - 1995年(平成7年)12月31日)は、日本の歴史学者。 [人物・業績] 明治維新・文明開化を担った(維新三傑の一人)大久保利通の孫で、大久保家当主。 母方の祖父は実業家・近藤廉平。 父(大久保利武)の没後は、短期間だったが侯爵として貴族院議員を務めた。 長男は大久保利泰(1934年 - )で、社団法人霞会館常務理事を務めている。 戦後は歴史学者として、名古屋大学教授、立教大学教授を歴任し、日本近代史学研究を、草創期から大きく発展させた。 東京帝国大学卒業の際の論文は、近世史をテーマにしたものであった。 理由は、当時の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオクボ トシアキ
人物別名 大久保利謙
生年 1900年
没年 1995年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新修森有禮全集 森有禮 [著] ; 大久保利謙 監修 ; 上沼八郎, 犬塚孝明 共編 文泉堂書店
2015.1
山路愛山集 大久保利謙編 筑摩書房
2013.1.25
田口鼎軒集 大久保利謙編 筑摩書房
2013.1.25
明治啓蒙思想集 大久保利謙編 筑摩書房
2013.1.25
日本の大学 大久保利謙著 玉川大学出版部
2008.10
幕末和蘭留学関係史料集成 日蘭学会 編 ; 大久保利謙 編著 雄松堂
2007.2
幕末和蘭留学関係史料集成 日蘭学会 編 ; 大久保利謙 編著 雄松堂
2007.2
明六社 大久保利謙 著 講談社
2007.10
大久保利謙歴史著作集 大久保利謙 著 吉川弘文館
2007.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想