矢田 俊文   (1954-)

矢田 俊文(やた としふみ、1954年1月 - )は、日本の歴史学者、新潟大学人文学部教授。 日本中世史、特に越後の上杉氏を中心とした戦国大名に関する業績や、歴史学の立場からの地震研究によって知られる。 [経歴] 鳥取県生まれ。 1976年、大阪市立大学文学部を卒業後、大学院に進み、1982年6月、大阪市立大学大学院博士課程を単位取得満期退学。 1987年、新潟大学人文学部助教授、のち1996年に教授。 1996年、「日本中世戦国期権力構造の研究」で、大阪市立大学より博士(文学) を取得。 2004年10月23日の新潟県中越地震や、2007年7月16日の新潟県中越沖地震に際しては、被災地から...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤタ トシフミ
人物別名 矢田俊文
生年 1954年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
越後文書宝翰集三浦和田氏文書河村氏文書小田切氏文書 矢田俊文, 片桐昭彦, 新潟県立歴史博物館編 新潟県立歴史博物館
2022.3
災害史研究とチラシ・ポスター絵葉書の資料学 矢田俊文, 中村元, 長岡市立中央図書館文書資料室編 新潟大学人文学部附置地域文化連携センター
2022.2
越後文書宝翰集 : 三浦和田氏文書河村氏文書小田切氏文書 矢田俊文, 片桐昭彦, 新潟県立歴史博物館編 新潟大学人文学部附置地域文化連携センター地域歴史文化保全部門
2022.3
越後文書宝翰集三浦和田氏文書III河村氏文書小田切氏文書 矢田俊文, 片桐昭彦, 新潟県立歴史博物館編 新潟県立歴史博物館
2022.3
越後文書宝翰集 : 色部氏文書 矢田俊文, 片桐昭彦, 新潟県立歴史博物館編 新潟大学人文学部附置地域文化連携センター地域歴史文化保全部門
2021.3
越後文書宝翰集 : 色部氏文書 矢田俊文, 片桐昭彦, 新潟県立歴史博物館編 新潟県立歴史博物館
2021.3
越後文書宝翰集三浦和田氏文書 矢田俊文, 片桐昭彦, 新潟県立歴史博物館編 新潟県立歴史博物館
2020.3
現代災害史研究と史料保存 : 長岡市災害復興文庫・写真帳『災害記録長岡市』を中心に 矢田俊文, 長岡市立中央図書館文書資料室編 新潟大学人文学部附置地域文化連携センター
2019.3
戦国期文書論 矢田俊文編 高志書院
2019.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想