岡本 太郎   (1911-1996)

岡本 太郎(おかもと たろう、1911年(明治44年)2月26日 - 1996年(平成8年)1月7日)は、日本の芸術家。 血液型はO型。 1929年(昭和4年)から1940年(昭和15年)までフランスで過ごす。 抽象美術運動やシュルレアリスム運動と直接関わった。 第二次世界大戦後、日本で積極的に絵画・立体作品を制作するかたわら、縄文時代や沖縄のプリミティブな美術を再評価するなど文筆活動も行い、雑誌やテレビなどのメディアにも積極的に出演した。 [経歴] 太郎は神奈川県橘樹郡高津村大字二子(現・神奈川県川崎市高津区二子)で、漫画家の岡本一平、歌人で作家・かの子との間に一人息子として生まれた。 父...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オカモト タロウ
人物別名 岡本太郎
生年 1911年
没年 1996年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
太陽の塔 関根光才監督 マクザム
c2018
自分の中に孤独を抱け 岡本太郎 著 青春出版社
2017.4
岡本太郎×建築 : 衝突と協同のダイナミズム 佐藤玲子, 木下紗耶子編集 川崎市岡本太郎美術館
2017.5
自分の中に毒を持て 岡本太郎 著 青春出版社
2017.12
原色の呪文 岡本太郎 [著] 講談社
2016.2
自分の運命に楯を突け 岡本太郎 著 ; 平野暁臣 構成・監修 青春出版社
2016.4
美の世界旅行 岡本太郎 著 新潮社
2016.8
孤独がきみを強くする 岡本太郎 著 高陽館
2016.12
日本再発見 岡本太郎 [著] Kadokawa
2015.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想