岡松 和夫   (1931-2012)

岡松 和夫(おかまつ かずお、1931年6月23日 - 2012年1月21日)は、日本の小説家。 国文学者。 [略歴] 福岡県福岡市出身。 旧制福岡中学校、旧制福岡高等学校を経て、東京大学文学部仏文学科卒。 1954年に東京大学文学部国文科に学士入学。 1955年、「百合の記憶」が全国学生小説コンクール佳作として青柳和夫の筆名で『文藝』に掲載される。 1956年に国文科卒業。 大学院に入るがほどなく池田亀鑑が死去。 翻訳家の平井呈一の姪である瀬山梅子と1957年に結婚。 横浜学園高等学校に勤務。 1959年に「壁」で第9回文學界新人賞受賞。 1964年に立原正秋が編集長格の同人誌『犀』に参加...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オカマツ カズオ
人物別名 岡松和夫

青柳, 和夫
生年 1931年
没年 2012年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
岡松和夫 : 略年譜・著作目録 - 者不明
[2012?]
少年飛行兵の絵 岡松和夫 著 講談社
2005.8
無私の感触 岡松和夫 著 講談社
2002.2
実朝私記抄 岡松和夫 著 講談社
2000.5
峠の棲家 岡松和夫 著 新潮社
1997.5
断弦 岡松和夫 著 文芸春秋
1993.2
北京の日 岡松和夫 著 講談社
1992.7
一休伝説 岡松和夫 著 講談社
1991.4
志賀島 岡松和夫 著 埼玉福祉会
1990.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想