阿波根 昌鴻   (1901-2002)

阿波根 昌鴻(あはごん しょうこう 1901年3月3日 - 2002年3月21日)は、日本の平和運動家。 戦後の沖縄県で米軍強制土地接収に反対する反基地運動を主導した。 [略歴] 沖縄県の本部町に生まれる。 17歳でキリスト教徒となり無教会主義に強い影響を受ける。 成人して伊江島へ渡り結婚。 1925年にキューバへ移民。 その後、ペルーへ移り1934年に日本へ帰国。 帰国後は京都(一燈園)や沼津で学び、伊江島に帰った後はデンマーク式農民学校建設を志し奔走する。 建設中の学校は沖縄戦で失われ、一人息子も戦死する。 敗戦後、伊江島の土地の約六割が米軍に強制接収された際、反対運動の先頭に立った。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アハゴン ショウコウ
人物別名 阿波根昌鴻
生年 1901年
没年 2002年
職業・経歴等 平和運動家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
命こそ宝 : 沖縄反戦の心 阿波根昌鴻 著 岩波書店
1992.10
人間の住んでいる島 : 沖縄・伊江島土地闘争の記録 写真記録 阿波根昌鴻 著 阿波根昌鴻
1982.12
米軍と農民 : 沖縄県伊江島 阿波根昌鴻 著 岩波書店
1973
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想