岡 正雄   (1898-1982)

岡 正雄(おか まさお、1898年(明治31年) - 1982年(昭和57年))は、日本の民族学者。 戦中戦後を通じて日本の民族学・文化人類学を主導した。 兄は民族学や考古学、山岳書の名著を多数出版した岡書院店主の岡茂雄。 [経歴] 長野県東筑摩郡松本町(現松本市)生まれ。 旧制松本中学(現・長野県松本深志高等学校)、第二高等学校を経て、1924年、東京帝国大学文学部社会学科を卒業。 卒論は「早期社会分化における呪的要素」。 東京女子歯科医学専門学校のドイツ語教師を経て、1925年(大正14年)から柳田國男とともに民族学雑誌『民族』を共同編集し、岡書院から刊行した(~1929年)。 1929...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オカ マサオ
人物別名 岡正雄
生年 1898年
没年 1982年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
月と不死 N.ネフスキー著 ; 岡正雄編 平凡社
2003.9
異人その他 : 他十二篇 岡正雄論文集 岡正雄 著 ; 大林太良 編 岩波書店
1994.11
民族の世界史 岡 正雄;江上 波夫;井上 幸治【編】 山川出版社
1991.9
異人その他 : 日本民族=文化の源流と日本国家の形成 岡正雄 著 言叢社
1979.12
月と不死 N.ネフスキー 著 ; 岡正雄 編 平凡社
1971
民族学からみた日本 : 岡正雄教授古稀記念論文集 論文集刊行委員会編 河出書房新社
1970
民族学ノート : 岡正雄教授還暦記念論文集 岡正雄教授還暦記念論文集編集委員会 編 平凡社
1963
アラスカ : 明治大学アラスカ学術調査団 渡辺操, 岡正雄, 杉原荘介 編著 古今書院
1961
世界の民族 岡正雄編 角川書店
1960.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想