大泉 黒石   (1893-1957)

大泉 黒石(おおいずみ こくせき、1893年(明治26年)10月21日/1894年(明治27年)7月27日 - 1957年(昭和32年)10月26日)は日本の作家、ロシア文学者。 自称「国際的の居候」。 アナキスト的思想を盛り込んだ小説『老子』『人間廃業』などのベストセラーがある。 [生涯] 長崎県八幡町(現在の長崎市)八幡神社境内にて、ロシア人アレクサンドル・ステパノヴィチ・ヤホーヴィチと日本人本山恵子の間に生まれる。 日本名、大泉 清。 ロシア名アレクサンドル・ステパノヴィチ・キヨスキー。 父はロシアの農家の出でペテルブルク大学出身の法学博士。 天津の領事館に勤務していたが、ロシア皇太子...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオイズミ コクセキ
人物別名 大泉黒石

大泉, 清

キヨスキー
生年 1893年
没年 1957年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
黄夫人の手 : 黒石怪奇物語集 大泉黒石 著 河出書房新社
2013.7
不死身 幽鬼楼 大泉黒石 著大泉黒石 著 勉誠
1998.10
ロシア文学史 大泉黒石 著 ; 川端香男里 校訂・解説 講談社
1989.2
大泉黒石全集 大泉黒石全集刊行会 編 造型社
1988.5
大泉黒石全集 大泉黒石全集刊行会 編 造型社
1988.3
大泉黒石全集 大泉黒石全集刊行会 編 造型社
1988.6
大泉黒石全集 大泉黒石全集刊行会 編 造型社
1988.2
大泉黒石全集 大泉黒石全集刊行会 編 造型社
1988.4
大泉黒石全集 大泉黒石全集刊行会 編 造型社
1988.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想