大橋 健三郎   (1919-2014)

大橋 健三郎(おおはし けんざぶろう、1919年12月18日 -2014年4月22日)は、日本のアメリカ文学者。 東京大学名誉教授。 [略歴] 京都市中京の呉服卸商の家に生まれる。 1937年、京都市立第一商業学校(現京都市立西京高等学校・附属中学校)を卒業し、東京外国語学校英語科入学、1941年、東北帝国大学英文科に入学、土居光知に師事し、阿部次郎、小宮豊隆の教えを受けて夏目漱石に傾倒するが、戦争のため二年で繰上げ卒業、海軍予備学生、予備士官として各地を転々とする。 戦後、仙台工業専門学校(現仙台高等工業学校)教授、1948年、横浜市立経済専門学校教授、また横浜市立大学助教授、1950年、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオハシ ケンザブロウ
人物別名 大橋健三郎
生年 1919年
没年 2014年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日常と歴史 大橋健三郎 著 松柏社
2007.12
花の色 大橋健三郎 著 舷灯社
2006.1
わが文学放浪は今 大橋健三郎 著 南雲堂
2006.7
わが文学放浪の記 大橋健三郎 著 南雲堂
2004.7
文学を読む 大橋健三郎 著 松柏社
2001.6
花の色 大橋健三郎 著 舷灯社
2001.10
エデンの東 ジョン・スタインベック 著 ; 大橋健三郎 訳 日本障害者リハビリテーション協会
1999.11
エデンの東 ジョン・スタインベック 著 ; 大橋健三郎 訳 日本障害者リハビリテーション協会
1999.11
心ここに 大橋健三郎 著 松柏社
1998.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想