小倉 和夫   (1938-)

小倉 和夫(おぐら かずお、1938年11月15日 - )は、東京都出身の外交官。 学者。 韓国大使、フランス大使などを務めた後、青山学院大学教授、立命館大学教授、元国際交流基金理事長。 父親の小倉武一は政府税調会長を務めた。 [略歴] 1951年 - 東京教育大学附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒 1957年 - 東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒 1962年 - 東京大学法学部卒 1964年 - ケンブリッジ大学経済学部卒 [略歴] 1962年 - 外務省入省 1962年 - 英語研修(ケンブリッジ大学) 1964年 - 在連合王国大使館 196...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オグラ カズオ
人物別名 小倉和夫

Ogura, Kazuo

Kazuo Ogura

오구라, 가즈오
生年 1938年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
朝鮮半島地政学クライシス 小倉和夫, 康仁徳, 日本経済研究センター 編著 日本経済新聞出版社
2017.6
解剖北朝鮮リスク 小倉和夫, 康仁徳, 日本経済研究センター 編著 日本経済新聞出版社
2016.2
日本人の朝鮮観 小倉和夫 著 日本経済新聞出版社
2016.3
日韓関係の争点 小倉紀蔵, 小針進 編 藤原書店
2014.11
秘録・日韓1兆円資金 小倉和夫 著 講談社
2013.1
日本のアジア外交 : 二千年の系譜 小倉和夫 著 藤原書店
2013.2
日中実務協定交渉 : 記録と考証 小倉和夫 著 岩波書店
2010.6
日本の文化外交 小倉和夫 著 国際交流基金
c2010
名作から創るフランス料理 小倉和夫 著 かまくら春秋社
2010.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想