小熊 秀雄   (1901-1940)

1901-1940。北海道小樽市出身の詩人。「働く詩人」を自称し、書斎派の詩人たちにはない奔放で大胆かつエネルギーあふれる作品を数多く残した。短歌、小説、童話、評論、さらにはデッサンやスケッチにも印象的な作品がある。Wikipedia「小熊秀雄

「青空文庫」より

小熊 秀雄(おぐま ひでお、1901年9月9日 - 1940年11月20日)は、日本の詩人、小説家、漫画原作者、画家である。 筆名に、小熊 愁吉(おぐま しゅうきち)、黒珊瑚(くろさんご)、旭 太郎(あさひ たろう)などがある。 [生涯] 1901年(明治34年)9月9日、北海道小樽市稲穂町に生まれる。 幼少期を稚内市・秋田・樺太で過ごし、泊居高等小学校を卒業。 養鶏場の番人など様々な雑務作業に従事した後、1922年より旭川新聞社で新聞記者となる。 この頃から詩作を始め、1928年、27歳で上京後は雑誌社や業界新聞で働きながら、雑誌『民謡詩人』などに作品を発表。 1935年に「小熊秀雄詩集」...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オグマ ヒデオ
人物別名 小熊秀雄
生年 1901年
没年 1940年
職業・経歴等 小説家
をも見よ 旭, 太郎(1901-1940)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
教えたくなる名短篇 北村薫, 宮部みゆき 編 筑摩書房
2014.6
こころをゆさぶる言葉たちよ。 = Words That Touch Our Heart and Soul 島崎藤村, 与謝野晶子, 高村光太郎, 山村暮鳥, 竹久夢二, 北原白秋, 石川啄木, 萩原朔太郎, 室生犀星, 百田宗治, 宮沢賢治, 八木重吉, 小熊秀雄, 中原中也, 草野天平, 新美南吉, 立原道造,竹内浩三, 大関松三郎 作 くもん
2013.11
豊島区小熊秀雄所蔵品目録 : 夕焼け色の池袋モンパルナス。 小熊秀雄 画 ; 小林未央子, 清水智世, 高木尚彦 編 豊島区
2010.3
飛ぶ橇(そり) 小熊秀雄著 ; 小熊秀雄賞市民実行委員会特別委員会編 小熊秀雄賞市民実行委員会
2010.3
焼かれた魚 ; 白い鰈(かれい)の話 小熊秀雄著 ; 小熊秀雄賞市民実行委員会特別委員会編 小熊秀雄賞市民実行委員会
2010.3
お月さまと馬賊(ばぞく) ; たばこの好きな漁師 小熊秀雄著 ; 小熊秀雄賞市民実行委員会特別委員会編 小熊秀雄賞市民実行委員会
2010.3
ある手品師(てじなし)の話 ; トロちゃんと爪切鋏(つめきりばさみ) 小熊秀雄著 ; 小熊秀雄賞市民実行委員会特別委員会編 小熊秀雄賞市民実行委員会
2010.3
豚と青大将 ; 珠(たま)を失(な)くした牛 小熊秀雄著 ; 小熊秀雄賞市民実行委員会特別委員会編 小熊秀雄賞市民実行委員会
2010.3
青い小父(おじ)さんと魚(うお) ; 鶏(にわとり)のお婆さん 小熊秀雄著 ; 小熊秀雄賞市民実行委員会特別委員会編 小熊秀雄賞市民実行委員会
2010.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想