菅谷 昭   (1943-)

菅谷 昭(すげのや あきら、1943年11月22日 - )は、日本の政治家、医師。 長野県松本市長(第13代)。 [来歴] 長野県更埴市(現千曲市)生まれ。 信州大学医学部卒業。 聖路加国際病院での研修を経て、信州大学医学部第二外科学教室に入局。 1976年、トロント大学に留学して甲状腺疾患の基礎研究を学ぶ。 1991年から、松本市のNGOによるチェルノブイリ原子力発電所事故の医療支援活動に参加する。 1993年、信州大学助教授に就任。 1996年から、ベラルーシ共和国の首都ミンスクの国立甲状腺がんセンターにて、小児甲状腺癌の外科治療を中心に医療支援活動に従事した。 1999年、チェルノブイ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スゲノヤ アキラ
人物別名 菅谷昭
生年 1943年
没年 -
職業・経歴等 医師

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
原発事故と甲状腺がん 菅谷昭 著 幻冬舎ルネッサンス
2013.5
食で対策!放射能 : 大切な人を守るレシピと、今できること 菅谷昭 監修 ; 小椋優子 著 筑摩書房
2012.11
「内部被ばく」こうすれば防げる! : 放射能を21年間測り続けた女性市議からのアドバイス 漢人明子 著 ; 菅谷昭 監修 文芸春秋
2012.2
これから100年放射能と付き合うために 菅谷昭 著 亜紀書房
2012.3
子どもたちを放射能から守るために 菅谷昭 著 亜紀書房
2011.6
チェルノブイリ診療記 : 福島原発事故への黙示 菅谷昭 著 新潮社
2011.7
放射能汚染食品、これが専門家8人の食べ方、選び方 野口邦和, 伊藤伸彦, 石丸隆, 白石久二雄, 三好弘一, 菅谷昭, 山口英昌, 河岸宏和 著 東洋経済新報社
2011.11
真っ当な生き方のススメ 菅谷昭 著 岳陽舎
2005.1
ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間 菅谷昭 文 ポプラ社
2001.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想