小川 常人   (1919-)

小川 常人(おがわ つねんど、1919年12月 - 2008年12月28日)は、日本の思想史学者。 真木保臣研究の第一人者。 元郵政大学校教授・芸林会代表。 1919年、京都府に生まれる。 第四高等学校を経て、1943年に東京帝国大学文学部国史学科を卒業。 平泉澄博士に師事。 1944年入営、1945年陸軍少尉。 1946年に亀岡郵便局長となった後、郵政省に入って地方郵政局人事部長・郵政参事官・上席監察官・中央郵政研修所教頭等を歴任した後、郵政大学校副校長・教授。 さらに、芸林会代表・亀岡市文化財保護委員などもつとめる。 [著書] 『精忠の祠官 真木和泉守』真木和泉守先生景仰会、1944年 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オガワ ツネンド
人物別名 小川常人
生年 1919年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
真木和泉守保臣先生百四十年祭記念誌 小川常人 著 ; 真木大樹 編 真木大樹
2004.7
真木和泉守全集 真木和泉守 著 ; 小川常人 編 水天宮
1998.5
順徳天皇とその周辺 芸林会 編 臨川書店
1992.11
禁門の変と大山崎 : 天王山の十七烈士 小川常人, 林亨 監修 十七烈士奉賛会
1984.10
真木和泉守の研究 小川常人 著 神道史学会
1970
精忠の祠官 - 神祇院
昭和19
精忠の祠官 : 眞木和泉守 小川常人著 眞木和泉守先生景仰會
1944.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想