小川 鼎三   (1901-1984)

小川 鼎三(おがわ ていぞう、1901年4月14日 - 1984年4月29日)は大分県出身の解剖学者、医史学者。 日本医史学会理事長。 東京大学名誉教授。 日本学士院会員。 [人物] 1901年、大分県杵筑市で生まれる。 三高、東京帝国大学医学部卒業。 東北帝国大学助教授、東京帝国大学助教授、1944年教授。 東京大学教授を62年に定年退官、名誉教授、順天堂大学教授、順天堂大学医学部医史学研究室を創設した。 1934年 東北大学 医学博士 論文は 「水棲哺乳動物の中枢神経系に関する知見補遺 (独文)」。 1951年「小細胞性赤核の機能解剖学研究」で日本学士院賞受賞。 64年『医学の歴史』で毎...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オガワ テイゾウ
人物別名 小川鼎三

Ogawa, Teizo
生年 1901年
没年 1984年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
鯨の話 小川鼎三 著 文芸春秋
2016.4
東京-医学 レオポルト・ミュルレル著 ; 石橋長英, 小川鼎三, 今井正訳 学術社
日本国際医学協会
2008.5
松本順自伝・長与専斎自伝 松本順自伝, 長与専斎[著] ; 小川鼎三, 酒井シヅ校注 平凡社
2008.9
日本医学史綱要 富士川游 [著] ; 小川鼎三 校注 平凡社
2003.9
医学用語の起り 小川鼎三 著 東京ヘレン・ケラー協会点字出版局
1994.2
解剖学 森 優;山元 寅男【ほか著】 金原
1991.4
医学用語の起り 小川鼎三 著 東京書籍
1990.10
医学用語の起り 小川鼎三 著 東京書籍
1983.1
ディオスコリデスの薬物誌 ディオスコリデス 著 ; 鷲谷いづみ 訳 ; 小川鼎三 ほか編集 エンタプライズ
1983.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想