尾川 正二   (1917-2009)

尾川 正二(おかわ まさつぐ、1917年(大正6年)4月28日 - 2009年(平成21年)3月5日)は、旧朝鮮生まれの国文学者である。 [経歴] 京城帝国大学国文科卒業。 1943年から敗戦まで東部ニューギニア戦線に送り込まれる。 復員後1946年、父祖の地・広島市で療養。 1947年から1955年まで山陽高等学校の国語教師を務める。 生徒に戦場体験を語ることはなかったという。 広島大学大学院国文研究科修了。 その後芦屋市に移住。 関西学院高等部の国語教師を務め、関西学院大学社会学部で「国語表現論」を講義する。 戦場での体験をまとめた『「死の島」ニューギニア―極限のなかの人間』で1970年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オガワ マサツグ
人物別名 尾川正二
生年 1917年
没年 2009年
職業・経歴等 引揚者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
戦争虚構と真実 : 冷徹なる戦争論 尾川正二 著 潮書房光人社
2013.5
「死の島」ニューギニア : 極限のなかの人間 尾川正二 著 光人社
2004.7
帝国陸軍の教育と機構 尾川正二 著 新風舎
2003.4
東部ニューギニア戦線 : 棄てられた部隊 尾川正二 著 光人社
2002.9
戦争虚構と真実 尾川正二 著 光人社
2000.8
「死の島」ニューギニア : 極限のなかの人間 尾川正二 著 光人社
1998.3
文章のかたちとこころ 尾川正二 著 筑摩書房
1995.5
東部ニューギニア戦線 : 棄てられた部隊 尾川正二 著 図書出版社
1992.9
死の淵を歩いて : 私の戦争観 尾川正二著 ; 大阪国際平和センター編 大阪国際平和センター
1991.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想