小川 和佑   (1930-2014)

小川 和佑(おがわ かずすけ、1930年4月29日 - 2014年9月20日)は、日本の文芸評論家、日本近代文学研究者。 [来歴・人物] 東京生まれ。 1951年明治大学文芸科卒業。 中村真一郎に師事し、詩人、文芸評論家として活動、栃木県で高校教諭ののち、昭和女子大学助教授。 また明治大学講師を長く務めた。 著書多数、近代日本の詩や風土に関するものが多い。 1990年代以降は桜に関する著作が多い。 2014年9月20日、胃癌のため死去。 84歳没。 [著書] 『立原道造研究』審美社 1969 『「四季」とその詩人』有精堂出版 1969 『三好達治研究』 国文社 1970 『昭和抒情詩研究 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オガワ カズスケ
人物別名 小川和佑
生年 1930年
没年 2014年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
三島由紀夫研究 長谷川泉 [ほか] 共編 右文書院
2020.7
詩の読み方 小川和佑 著 笠間書院
2015.9
戦後文学の回想 小川和佑 著 竹林館
2013.4
桜文化と日本人 小川和佑 著 竹林館
2011.4
辻井喬 小川和佑 著 アーツアンドクラフツ
2008.12
花とことばの文化誌 小川和佑 著 アーツアンドクラフツ
2007.6
桜と日本文化 小川和佑 著 アーツアンドクラフツ
2007.3
花とことばの文化誌 小川和佑 著 アーツアンドクラフツ
2007.6
名作が描く昭和の食と時代 小川和佑 著 竹林館
2006.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想