郡司 ペギオ幸夫   (1959-)

郡司 幸夫(ぐんじ ゆきお、ペンネームは郡司 ペギオ 幸夫(英 Yukio-Pegio Gunji)、1959年 - )は日本の理学者。 現在、早稲田大学理工学術院基幹理工学部・研究科教授。 「”生命と物質の違いは何か”とは如何なる問いか。 そして、我々はその問いに対して、如何なる答え方を用意すべきか」という 問題に取り組んでいる。 この問題に取り組む過程で内部観測と呼ばれる理論を発展させた。 郡司のもつペギオ(Pegio)というペンネーム中のミドルネームは、本当は自分の子供につけるはずの名前だったが、妻に反対されたため自分のペンネームに使っている。 ただ単にペンギンが好きだからという説もある...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ グンジ ペギオ ユキオ
人物別名 郡司ペギオ幸夫
生年 1959年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
生命、微動だにせず 郡司ペギオ幸夫 著 青土社
2018.2
ベルクソン『物質と記憶』を解剖する 平井靖史, 藤田尚志, 安孫子信 編 書肆心水
2016.11
いきものとなまものの哲学 郡司ペギオ幸夫 著 青土社
2014.1
群れは意識をもつ 郡司ペギオ-幸夫 著 PHP研究所
2013.8
生命壱号 : おそろしく単純な生命モデル 郡司ペギオ-幸夫 著 青土社
2010.7
創発する生命 : 化学的起源から構成的生物学へ ピエル・ルイジ・ルイージ 著 ; 白川智弘, 郡司ペギオ-幸夫 訳 NTT
2009.1
時間の正体 : デジャブ・因果論・量子論 郡司ペギオ-幸夫 著 講談社
2008.9
生命理論 郡司ペギオ-幸夫 著 哲学書房
2006.3
生きていることの科学 : 生命・意識のマテリアル 郡司ペギオ-幸夫 著 講談社
2006.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想