森 公章   (1958-)

森 公章(もり きみゆき、1958年2月- )は、日本の歴史学者。 専門は、日本古代史。 [来歴] 岡山県生まれ。 1981年東京大学文学部国史学科卒業、88年同大学院博士課程単位取得退学、同年奈良国立文化財研究所文部技官、94年高知大学人文学部助教授、98年「古代日本の対外認識と通交」で東大文学博士、2001年東洋大学文学部教授。 [著書] 『古代日本の対外認識と通交』(吉川弘文館 1998年) 『「白村江」以後――国家危機と東アジア外交』(講談社選書メチエ 1998年) 『古代郡司制度の研究』(吉川弘文館 2000年) 『長屋王家木簡の基礎的研究』(吉川弘文館 2000年) 『戦争の日...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリ キミユキ
人物別名 森公章
生年 1958年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
阿倍仲麻呂 森公章著 吉川弘文館
2019.12
史料・史跡と古代社会 佐藤 信【編】 吉川弘文館
2018.3.10
古代日中関係の展開 森公章著 敬文舎
2018.5
日記で読む日本史 倉本一宏 監修 臨川書店
2016.4
天智天皇 森公章 著 吉川弘文館
2016.9
摂関期の国家と社会 大津透 編 山川出版社
2016.11
古代豪族と武士の誕生 森公章 著 吉川弘文館
2013.1
成尋と参天台五臺山記の研究 森公章 著 吉川弘文館
2013.2
在庁官人と武士の生成 森公章 著 吉川弘文館
2013.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想