臼杵 陽   (1956-)

臼杵 陽(うすき あきら、1956年6月14日 - )は、日本の政治学者。 専門は、現代中東政治・中東地域研究。 大分県中津市生まれ。 大分県立大分上野丘高等学校、東京外国語大学外国語学部卒業。 東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。 大学院在学中、在ヨルダン日本大使館専門調査員を務める。 佐賀大学講師・助教授、国立民族学博物館教授を経て、現在、日本女子大学文学部・同大学院文学研究科教授。 日本中東学会事務局長(2003-04年度)および同学会会長(2011-12年度)。 2008年度大同生命地域研究奨励賞、第23回アジア・太平洋賞特別賞(『大川周明-天皇とイスラームのはざまで』青土社、2...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウスキ アキラ
人物別名 臼杵陽

Usuki, Akira
生年 1956年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「ユダヤ」の世界史 : 一神教の誕生から民族国家の建設まで 臼杵陽著 作品社
2020.1
日本人にとってエルサレムとは何か : 聖地巡礼の近現代史 臼杵陽著 ミネルヴァ書房
2019.10
ナショナル・アイデンティティを問い直す 川田順造 編 山川出版社
2017.10
パレスチナを知るための60章 臼杵陽, 鈴木啓之 編著 明石書店
2016.4
世界史の中のパレスチナ問題 臼杵陽 著 講談社
2013.1
ナチのプロパガンダとアラブ世界 ジェフリー・ハーフ 著 ; 星乃治彦, 臼杵陽, 熊野直樹, 北村厚, 今井宏昌 訳 岩波書店
2013.11
パレスチナ刺繍 : モチーフが語る小宇宙 臼杵良子刺繍・構成・解説 者不明
[2013]
双方の視点から描くパレスチナ/イスラエル紛争史 ダン・コンシャーボク, ダウド・アラミー 著 ; 臼杵陽 監訳 岩波書店
2011.3
アラブ革命の衝撃 : 世界でいま何が起きているのか 臼杵陽 著 青土社
2011.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想