大場 磐雄   (1899-1975)

大場 磐雄(おおば いわお、1899年9月3日 - 1975年6月7日)は、東京生まれの考古学者。 國學院大學教授。 文学博士。 旧姓は谷川だが、昭和3年(1928年)、母方の大場家を相続し、以後、大場姓となる。 [人物] 中学時代から鳥居龍蔵の門下であり、大学時代も薫陶を受ける。 大学では、折口信夫の「葛の葉狐話」を聞き、民俗学に傾倒。 郷土研究会の中心的メンバーとして活躍する。 内務省神社局考証課時代には、課長の宮地直一(後に東京帝国大学教授)の指導を受けている。 本人が「私の考古学はただの考古学ではない。 考古民俗学(または民俗考古学)だ」と言うように、文献史学・民俗学・考古学三位一体...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオバ イワオ
人物別名 大場磐雄
生年 1899年
没年 1975年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
楽石雑筆 (補) 大場磐雄 著 ; 茂木雅博 書写・解説・編集 博古研究会
2016.9
十二支と十二獣 大場磐雄 著 北隆館
1996.10
まつり : 考古学から探る日本古代の祭 大場磐雄 著 学生社
1996.11
祖霊信仰 赤田光男 編 雄山閣
1991.11
神社古図集 難波田徹, 岩鼻通明 編 臨川書店
1990.5
神社古図集 福山敏男 他編 臨川書店
1989.1
神道考古学講座 大場磐雄 責任編集 雄山閣
1982.10
神道考古学講座 大場磐雄 責任編集 雄山閣
1982.11
古墳時代の祭祀遺跡 大場磐雄 [ほか] 編 雄山閣
1982.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想