悦田 喜和雄   (1896-1983)

悦田 喜和雄(えつだ きわお、1896年(明治29年)8月21日 - 1983年(昭和58年)3月21日)は、徳島県海部郡美波町(旧由岐町)出身の小説家。 小説家・武者小路実篤の「新しき村」に参加。 「白樺」や「中央公論」等で活躍した。 「四国文学」創刊。 主な小説として『新しき日』、『綾の鼓』等がある。 喜和雄の家は古い農家で、当時から木岐がもっぱら漁業で繁栄していたことを考えればむしろ貧しいと言ってよかった。 その悦田からはやがて当時の回船問屋としてここ一帯で栄華を誇っていた浜名家に養子として入るものもいた。 ちなみに浜名家は町長も務め、その功績を称えられて東条英機直筆の書状ももらっている...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ エツダ キワオ
人物別名 悦田喜和雄
生年 1896年
没年 1983年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
徳島の小説 : 郷土出身作家選集 徳島の小説編集委員会 編 徳島市立図書館
1984.1
綾の鼓 悦田喜和雄 著 皆美社
1971
新しき日 : 悦田喜和雄創作集 悦田喜和雄 著 四国文学会
1965
四國文学 : 別冊 悦田喜和雄編 徳島県文藝懇話会
1957.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想