森山 優   (1962-)

森山 優(もりやま あつし、 1962年2月 - )は日本の歴史学者。 静岡県立大学国際関係学部准教授。 専門は日本近現代史・日本外交史・インテリジェンス研究。 福岡県福岡市出身。 「世界情勢ノ推移ニ伴フ時局処理要綱」(1940年7月)を皮切りとして、太平洋戦争開戦に至るまで多数作成された「国策」文書の策定過程、実務者による解釈の検討を行ない、日米開戦に至る国内政策集団の相互作用を解明した。 近年は日米交渉と情報活動についての研究を進めている。 [略歴] 1980年 福岡市立福岡西陵高等学校卒業 1984年 西南学院大学文学部国際文化学科卒業 1996年 九州大学大学院文学研究科博士後期課程...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリヤマ アツシ
人物別名 森山優
生年 1962年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本近現代史講義 : 成功と失敗の歴史に学ぶ 山内昌之, 細谷雄一編著 中央公論新社
2019.8
昭和史講義 筒井清忠 編 筑摩書房
2017.7
日米開戦と情報戦 森山優 著 講談社
2016.11
昭和史講義 筒井清忠 編 筑摩書房
2015.7
『河井弥八日記』『河井弥八手帳 』 河井弥八 [著] ; 前山亮吉, 森山優 編集・解題 ; 河井重蔵・弥八研究会 校訂 静岡県立大学大学院国際関係学研究科
2014.8
日本はなぜ開戦に踏み切ったか : 「両論併記」と「非決定」 森山優 著 新潮社
2012.6
国際関係学への招待 六鹿茂夫, 小久保康之, 前山亮吉 編著 三恵社
2003.10
21世紀の国際社会を考える : 静岡県立大学全学共通科目テキストブック 六鹿茂夫, 小久保康之, 前山亮吉 編著 静岡県立大学国際関係学部国際政治経済コース
2002.3
日米開戦の政治過程 森山優 著 吉川弘文館
1998.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想