野島 正城   (1909-)

野島 正城(のじま まさなり、1909年 - 1997年12月2日)は、日本のドイツ文学者。 大分県生まれ。 東京帝国大学独文科卒、東京大学教養学部教授、1969年定年となり明治大学教授を務めた。 ドイツ文学、特にシラー、トーマス・マンを訳した。 [翻訳] ドイツ民族作家全集 5 森と人々(エルンスト・ウィーヘルト) 実業之日本社 1942 哲学的書簡 シラー 富士出版 1947 シラー伝 ベラーマン 富士出版 1947-1948 素朴文学と情感文学について シラー 日本評論社 1949(世界古典文庫) 菩提樹の下の散歩 シラー 富士出版 1949 エミリア・ガロッティ レッシング 日本評論...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ノジマ マサナリ
人物別名 野島正城
生年 1909年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
フィエスコの叛乱 シラー 作 ; 野島正城 訳 岩波書店
1953.6(第2刷:1999.2)
夢みるたましい カロッサ 著 ; 野嶋正城 編 郁文堂
1983.4
トーマス・マン [トーマス・マン著] ; 佐藤晃一, 野島正城訳 講談社
1976.10
世界文学全集 - 講談社
1974
シラー名作集 内垣啓一 [等]訳 白水社
1972
トニオ・クレーガー,ヴェニスに死す トーマス・マン 著 ; 野島正城 訳 講談社
1971
トニオ・クレーガー ; ヴェニスに死す マン〔著〕 ; 野島正城訳 講談社
1971.9
たくらみと恋 フリードリッヒ・シラー作 ; 野島正城訳 ; 内垣啓一編 テアトロ
1968.4
ウィルヘルム・テル ; うずしお ; 旅の日のモーツァルト シラー著 ; 野島正城訳 ; シュトルム著 ; 国松孝二訳 ; メーリク著 ; 浜川祥枝訳 新潮社
1964.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想