木庭 顕   (1951-)

木庭 顕(こば あきら、1951年‐)は、日本の法学者。 東京大学教授。 専攻はローマ法。 日本の法学者としては珍しく、フェルディナン・ド・ソシュール、クロード・レヴィ=ストロースなどの構造主義、マルセル・モースらのフランス人類学などに造詣が深く、これらの方法を批判的に使用しながら政治、デモクラシーおよびローマ法の成立過程を分析し、それらの成果を元に現代の政治学および法学が抱える問題点に対する解決案を提示することを課題としている。 [経歴] 1974年 - 東京大学法学部卒業 1974年 - 東京大学法学部助手 1978年 - 東京大学法学部助教授 1991年 - 東京大学大学院法学政治学研...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コバ アキラ
人物別名 木庭顕
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
クリティック再建のために 木庭顕著 講談社
2022.2
クリティック再建のために 木庭顕著 講談社
2022.2
憲法の土壌を培養する 蟻川恒正, 木庭顕, 樋口陽一編著 日本評論社
2022.5
人文主義の系譜 : 方法の探究 木庭顕著 法政大学出版局
2021.8
モミッリャーノ歴史学を歴史学する [モミッリャーノ著] ; 木庭顕編訳 みすず書房
2021.9
現代日本刑事法の基礎を問う 木庭顕著 勁草書房
2019.7
憲法9条へのカタバシス 木庭顕 [著] みすず書房
2018.4
現代日本公法の基礎を問う 木庭顕 著 勁草書房
2017.2
ローマ法案内 木庭顕 著 勁草書房
2017.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想