能代 清   (1906-1976)

能代 清(のしろ きよし、1906年(明治39年)9月26日 - 1976年(昭和51年)10月18日)は日本の数学者。 理学博士。 名古屋帝国大学教授、東京理科大学教授を務める。 1956年(昭和31年)、「函数論における集積値集合の研究」で第9回中日文化賞を受賞。 [略歴] 1906年(明治39年)9月26日 北海道函館市に生まれる。 愛知県出身。 1930年(昭和5年) 東京帝国大学理学部数学科を卒業する。 1931年(昭和6年) - 1934年(昭和9年) 北海道帝国大学助手。 1941年(昭和16年)2月21日 博士論文「解析関数の特異点について」により大阪帝国大学から理学博士を授...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ノシロ キヨシ
人物別名 能代清
生年 1906年
没年 1976年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
朝倉数学講座 小松勇作, 能代清, 矢野健太郎編集 朝倉書店
2004.3
微分幾何学 大槻富之助 著 朝倉書店
2004.3
確率と統計 河田竜夫 著 朝倉書店
2004.3
函数論 小松勇作 著 朝倉書店
2004.3
応用数学 清水辰次郎 著 朝倉書店
2004.3
集合と位相 亀谷俊司 著 朝倉書店
2004.3
代数学 淡中忠郎 著 朝倉書店
2004.3
微分方程式 小堀憲 著 朝倉書店
2004.3
積分学 井上正雄 著 朝倉書店
2004.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想