野村 精一   (1929-)

野村 精一(のむら せいいち、1929年 - )は日本の国文学者。 実践女子大学名誉教授。 専門は日本文学。 東京大学文学部国文科・同大学院修士課程修了後、都立高校教諭を経て、実践女子大学教授となる。 源氏物語の研究において第一人者である。 [著書] 『大鏡』さ・え・ら書房、1958年 『源氏物語の創造』桜楓社、1969年 『源氏物語文体論序説』有精堂出版、1970年/新装阪、1988年 『日本文学研究史論』笠間書院、1983年 [著書] 『ニュー・メソッド国文対訳シリーズ(7)』評論社編、1959年 『枕草子セミナ問題研究』河北騰共著、学生社、1961年 『源氏物語講座(2)』山岸徳平・...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ノムラ セイイチ
人物別名 野村精一
生年 1929年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
和泉式部日記 和泉式部集 和泉式部 [著] ; 野村精一 校注 新潮社
2017.12
源氏物語の鑑賞と基礎知識 鈴木一雄 監修 ; 野村精一 編 至文堂
2005.11
夢浮橋 (ゆめのうきはし) 野村精一編集 至文堂
2005.11
源氏物語聞書 : 覚勝院抄 覚勝院 著 ; 野村精一, 上野英子 編 汲古書院
1991.2
源氏物語聞書 : 覚勝院抄 覚勝院 著 ; 野村精一, 上野英子 編 汲古書院
1991.10
源氏物語聞書 : 覚勝院抄 覚勝院 著 ; 野村精一, 上野英子 編 汲古書院
1991.10
宿木 ; 東屋 ; 浮舟 - 汲古書院
1991.2
蜻蛉 ; 手習 ; 夢浮橋 - 汲古書院
1991.10
源氏物語聞書 : 覚勝院抄 覚勝院 著 ; 野村精一, 上野英子 編 汲古書院
1990.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想