野村 兼太郎   (1896-1960)

野村 兼太郎(のむら かねたろう、1896年3月20日 - 1960年6月22日)は、日本の経済学者。 経済学博士、経済思想史研究者(江戸時代・経世論)、日本学士院会員。 国文学研究資料館設立発起人。 他、東洋貨幣協会名誉会員、社会経済史学会を創立し代表理事等を歴任。 [概要] 東京市日本橋区浜町生まれ。 東京府立第三中学校を卒業後、1918年に慶應義塾大学理財科を卒業。 予科教授を経て、1923年よりケンブリッジ大学キングス・カレッジ在籍。 当初は経済学の理論に関する研究を中心に行なっていたが、イギリスを中心とする経済史の研究に重心を移した。 さらに1929年頃から日本経済思想史の研究に傾...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ノムラ カネタロウ
人物別名 野村兼太郎
生年 1896年
没年 1960年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本古文書学論集 日本古文書学会 編 吉川弘文館
1987.2
地方史研究必携 地方史研究協議会 編 岩波書店
1985.5
明治文化史 開国百年記念文化事業会 編 原書房
1979.11
江戸 野村兼太郎著 三秀舎
1966.11
中学社会科政治・経済・社会 : 教師用 島田孝一 [ほか] 共著 帝国書院
1962.1
中学社会科政治・経済・社会 島田孝一 [ほか] 共著 帝国書院
[196-]
一般経済史概論 野村兼太郎 著 有斐閣
1959
福沢諭吉 : 人とその思想 野村兼太郎 著 慶応通信
1958
日本経済史の研究 野村兼太郎 著 慶応通信
1958
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想