野本 和幸   (1939-)

野本和幸(のもと かずゆき、1939年 - )は、日本の哲学研究者、東京都立大学・創価大学名誉教授。 [来歴] 東京生まれ。 国際基督教大学卒業、京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。 1988年「フレーゲの言語哲学」で京大文学博士。 茨城大学教養部講師、助教授、北海道大学教授、東京都立大学教授、2001年定年退官、名誉教授、創価大学教授、2010年退任、名誉教授。 2014年、『フレーゲ哲学の全貌』で、第26回和辻哲郎文化賞学術部門を受賞。 [著書] 『フレーゲの言語哲学』勁草書房 1986 『現代の論理的意味論 フレーゲからクリプキまで』岩波書店 1988 『意味と世界 言語哲学論...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ノモト カズユキ
人物別名 野本和幸
生年 1939年
没年 -
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
数論・論理・意味論その原型と展開 : 知の巨人たちの軌跡をたどる 野本和幸著 東京大学出版会
2019.8
現代の論理的意味論 : フレーゲからクリプキまで 野本和幸著 岩波書店
2014.9
言語哲学重要論文集 松阪陽一 編訳 ; G・フレーゲ, B・ラッセル, W・V・O・クワイン, K・S・ドネラン, D・カプラン, S・A・クリプキ, G・エヴァンズ 著 春秋社
2013.1
理性・真理・歴史 : 内在的実在論の展開 パトナム ヒラリー【著】<Putnam Hilary>;野本 和幸;中川 大;三上 勝生;金子 洋之【訳】 法政大学出版局
2012.11.15
フレーゲ哲学の全貌 = Gottlob Freges Logizismus und seine logische Semantik als der Prototyp : 論理主義と意味論の原型 野本和幸 著 勁草書房
2012.9
心・身体・世界 : 三つ撚りの綱/自然な実在論 ヒラリー・パトナム 著 ; 野本和幸 監訳 ; 関口浩喜, 渡辺大地, 池田さつき, 岩沢宏和 訳 法政大学出版局
2011.6
大出晁哲学論文集 大出晁 著 ; 野本和幸 編・解題 慶應義塾大学出版会
2010.5
分析哲学の誕生 : フレーゲ・ラッセル 日本科学哲学会 編 ; 野本和幸 責任編集 勁草書房
2008.2
心・身体・世界 : 三つ撚りの綱/自然な実在論 ヒラリー・パトナム 著 ; 野本和幸 監訳 ; 関口浩喜, 渡辺大地, 入江さつき, 岩沢宏和 訳 法政大学出版局
2005.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想