野間 宏   (1915-1991)

野間 宏(のま ひろし、1915年(大正4年)2月23日 - 1991年(平成3年)1月2日)は日本の小説家、評論家、詩人。 長編小説を多く書き、社会全体の構造をとらえる全体小説を志向した。 また、最晩年まで社会的な発言を多く行ったことでも知られている。 [経歴] 僧侶(在家の新しい流派を建てたので、既存の寺院に属してはいなかった)を父として、兵庫県神戸市長田区に生まれる。 大阪府立北野中学校に進学する。 1932年、旧制第三高等学校在学中、同人誌「三人」を富士正晴(野間は富士の妹と結婚したので義兄)、竹之内静雄と創刊。 1935年、京都帝国大学に進学し、反戦学生運動に参加。 1938年、京...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ノマ ヒロシ
人物別名 野間宏
生年 1915年
没年 1991年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
真空地帯 野間宏 作 岩波書店
2017.12
アジアの聖と賤 野間宏, 沖浦和光 著 河出書房新社
2015.11
日本の聖と賤 野間宏, 沖浦和光 著 河出書房新社
2015.12
親鸞から親鸞へ : 現代文明へのまなざし 野間宏, 三國連太郎 著 藤原書店
2013.6
漫画が語る戦争 水木しげる, 楳図かずお, 野間宏, 滝田ゆう, 古谷三敏, 新谷かおる, 比嘉慂, 立原あゆみ, 湊谷夢吉, かわぐちかいじ, 白土三平, あべ善太, 倉田よしみ 著 小学館
小学館クリエイティブ
2013.7
アジア太平洋戦争 浅田次郎, 奥泉光, 川村湊, 高橋敏夫, 成田龍一 編 集英社
2011.6
死体について : 野間宏後期短篇集 野間宏 著 藤原書店
2010.5
モンゴメリー, ジョルジュ・サンド, タゴール 著 ; 掛川恭子, 小椋順子, 野間宏 訳 ポプラ社
2010.10
暗い絵 顔の中の赤い月 野間宏 著野間宏 著 講談社
2010.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想