由本 陽子   (1957-)

由本 陽子(ゆもと ようこ、1957年9月 - )は、日本の言語学者、大阪大学教授。 [人物] 兵庫県宝塚市生まれ。 1980年神戸女学院大学英文科卒。 1987年大阪大学大学院文学研究科英語学専攻博士課程満期退学、大阪大学言語文化部講師(英語)、助教授、2004年文学博士、2005年新村出賞受賞、言語文化研究科教授。 2009年新村出記念財団評議員。 専門は語形成論、語彙意味論、概念意味論。 [著書] 複合動詞・派生動詞の意味と統語 モジュール形態論から見た日英語の動詞形成 ひつじ書房 2005.7 レキシコンに潜む文法とダイナミズム 開拓社、2011 [著書] 語形成と概念構造 影山...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ユモト ヨウコ
人物別名 由本陽子
生年 1957年
没年 -
職業・経歴等 言語学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
形態論と言語学諸分野とのインターフェイス 西原哲雄編 ; 西原哲雄 [ほか] 著 開拓社
2021.11
名詞をめぐる諸問題 : 語形成・意味・構文 由本陽子, 岸本秀樹編 開拓社
2020.10
最新英語学・言語学用語辞典 中野弘三, 服部義弘, 小野隆啓, 西原哲雄 監修 開拓社
2015.11
語彙意味論の新たな可能性を探って 由本陽子, 小野尚之 編 開拓社
2015.11
レキシコンに潜む文法とダイナミズム 由本陽子 著 開拓社
2011.10
名詞の意味と構文 : 日英対照 影山太郎 編 大修館書店
2011.11
これからの語彙論 斎藤倫明, 石井正彦 編 ひつじ書房
2011.12
語彙の意味と文法 由本陽子, 岸本秀樹 編 くろしお
2009.2
複合動詞・派生動詞の意味と統語 : モジュール形態論から見た日英語の動詞形成 由本陽子 著 ひつじ書房
2005.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想