野上 俊夫   (1882-1963)

野上俊夫(のがみ としお、1882年5月2日-1963年5月24日)は、日本の心理学者、京都帝国大学名誉教授。 新潟県出身。 1906年東京帝国大学文学部心理学科卒。 1911年京都帝大助教授、1915年米国へ留学、1917年教授、1942年定年退官、名誉教授、浪速大学(現在の大阪府立大学)教授、京都女子大学教授。 米国の青年心理学者スタンリー・ホールの影響を受け、実際的な心理学を目指した。 [著書] 『実験心理学講義』上野陽一共著 同文館 1909 『教育的実験心理学』京都府教育会 1912 『叙述と迷信』弘道館 1912 『欧米教育の印象』岩波書店 1919 『青年心理講話』弘文堂書...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ノガミ トシオ
人物別名 野上俊夫
生年 1882年
没年 1963年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
発情期の教育的研究 ; 性教育の問題シムポジウム [金子近次著] ; [野上俊夫ほか提案] 大空社
1991.10
青年の心理と教育 野上俊夫 著 同文書院
1959
青年の心理と教育 野上俊夫 著 同文書院
1954
文化と頽癈 野上俊夫 著 大阪府教護聯盟
昭12
統合心理学 : 新制準拠 野上俊夫 著 永沢金港堂
昭和12
青年の心理と教育 野上俊夫 著 同文書院
昭12
児童教育講座 野上俊夫著 叢文閣
昭11
女子最新教育學 野上俊夫著 東京開成館
1934.10
青年心理 野上俊夫 著 偕行社
昭和7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想