仁田 勇   (1899-1984)

仁田 勇(にった いさむ、1899年10月19日 - 1984年1月16日)は、日本の物理化学者。 東京生まれ。 大阪大学名誉教授、関西学院大学名誉教授。 1966年文化勲章受章者。 正三位勲一等瑞宝章。 [略歴と業績] 1923年3月東京帝国大学理学部化学科を卒業(卒業研究は松原行一教授の指導の下で有機化学を専攻)、直ちに理化学研究所(現在の独立行政法人理研)に入り、西川正治博士の研究室で結晶によるX線回折の研究を始めた。 当時はX線回折は純粋に物理学の領域であったが、西川は仁田に有機化合物にX線回折の方法を応用してみることを勧めた。 これが後に日本で結晶化学の大きな分野を開く端緒となった...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ニッタ イサム
人物別名 仁田勇
生年 1899年
没年 1984年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
化学のいろいろな横顔 : 仁田勇先生遺稿 晶華会編 晶華会
1985.1
分子の構造 仁田勇 著 岩波書店
1975
流れの中に : 一科学者の回想 仁田勇 著 東京化学同人
1973
PSNS教養の物理科学 PSNS (Physical Science for Nonscience Students) Project Staff 編 ; 近角聡信 等共訳 東京化学同人
1972
固体の構造化学 仁田勇[ほか]編 化学同人
1968
化学入門 仁田勇著 東京化学同人
1966.5
X線結晶学 仁田勇 監修 丸善
1961
X線結晶学 仁田勇 監修 丸善
1959
結晶化學 仁田勇, 桐山良一, 渡邊得之助 岩波書店
1956.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想