西 春彦   (1893-1986)

西 春彦(にし はるひこ、1893年4月29日 - 1986年9月20日)は、大正・昭和期の外交官。 太平洋戦争開戦時の外務次官である。 [来歴・人物] 鹿児島県加世田(のち南さつま市)出身。 遠縁の親戚には滝廉太郎がいるという。 また、赤瀬川原平の父は従兄弟にあたる。 旧制鹿児島県立川辺中学校、旧制一高を経て東京帝国大学独法科(のち東京大学法学部)卒業後、1918年、外務省に入る。 ニューヨーク領事官補時代に同じくアメリカに駐在していた鹿児島県出身の外交官・東郷茂徳と出会い敬意を持つようになる。 東郷が欧亜局長に就くと、その部下となるが東郷が交通事故で入院している間に重光葵の推薦で青島総領...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ニシ ハルヒコ
人物別名 西春彦
生年 1893年
没年 1986年
職業・経歴等 大使

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
学問の世界碩学に聞く 共同研究「大正時代」 小松左京 著小松左京 著 城西国際大学出版会
2010.11
日本外交史 鹿島平和研究所 編 鹿島研究所出版会
1970
安保条約の根本的再検討と沖縄返還問題 宇都宮徳馬, 西春彦 対談 宇都宮徳馬
1969.7
安保条約の根本的再検討と沖繩返還問題 宇都宮徳馬, 西春彦対談 者不明
1969.7
明治維新 : 共同研究 思想の科学研究会 編 徳間書店
1967
回想の日本外交 西春彦 著 岩波書店
1965
わたしの外交白書 西春彦 著 文芸春秋新社
1963
わたしの外交白書 : 体験的国際関係論 西春彦著 文芸春秋新社
1963
近代日本の外交 朝日新聞社 [編] 朝日新聞社
1962
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想