夏目 漱石   (1867-1916)

東京生まれ。小説家。父は町方名主。明治26年(1893)帝国大学英文科卒業後、松山中学、第五高校の教師を経て33年(1900)ロンドンへ留学。帰国後、東大講師となる。『吾輩は猫である』(1905~06)によって文壇に登場後、40年(1907)朝日新聞に入社し専属作家となった。『三四郎』(1908)『それから』(1909)『門』(1910)などを発表した後は、大病を経て『こゝろ』(1914)『道草』(1915)『明暗』(1916)などの作品で近代知識人の内面を描いた。当時全盛の自然主義文学と異なる作風は余裕派と呼ばれ、近代日本の代表的作家とされる。門下には森田草平、小宮豊隆ら多くの作家、文学者がいる。

「近代日本人の肖像」より

慶応3年1月5日(新暦2月9日)江戸牛込馬場下横町に生まれる。本名は夏目金之助。帝国大学文科大学(東京大学文学部)を卒業後、東京高等師範学校、松山中学、第五高等学校などの教師生活を経て、1900年イギリスに留学する。帰国後、第一高等学校で教鞭をとりながら、1905年処女作「吾輩は猫である」を発表。1906年「坊っちゃん」「草枕」を発表。1907年教職を辞し、朝日新聞社に入社。そして「虞美人草」「三四郎」などを発表するが、胃病に苦しむようになる。1916年12月9日、「明暗」の連載途中に胃潰瘍で永眠。享年50歳であった。Wikipedia「夏目漱石

「青空文庫」より

夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。 本名、金之助(きんのすけ)。 江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。 俳号は愚陀仏。 大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。 帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学。 帰国後、東京帝国大学講師として英文学を講じながら、「吾輩は猫である」を雑誌『ホトトギス』に発表。 これが評判になり「坊っちゃん」「倫敦塔」などを書く。 その後朝日新聞...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナツメ ソウセキ
人物別名 夏目漱石

夏目, 金之助

Natsume, Soseki

Soseki Natsume

Нацуме, Сосеки

Nacume, Soseki

나츠메, 소오세키
生年 1867年
没年 1916年
職業・経歴等 文学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
酒呑みに与ふる書 キノブックス編集部編 キノブックス
2019.1
書簡 - 岩波書店
2019.7
漱石の「こころ」を原文で読む 夏目金之助 原著作 ; 三井庄二 編著 清水書院
2018.2
夢十夜 夏目漱石著 ; しきみ絵 リットーミュージック
立東舎
2018.12
定本漱石全集 夏目金之助 著 岩波書店
2017.1
漱石と「學鐙」 小山慶太 編著 ; 夏目金之助, 森田草平, 木下順二, 半藤一利, 村上陽一郎 他著 丸善
2017.1
夢十夜 近藤ようこ 漫画 ; 夏目漱石 原作 岩波書店
2017.1
生れて来た以上は、生きねばならぬ 夏目漱石 著 ; 石原千秋 編 新潮社
2017.2
夢十夜・文鳥ほか 夏目漱石 著 筑摩書房
2017.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想